テーマ:ビジネス

今回は、オプトインアフィリエイトについてです。

 

無料オファーとも呼んでいます。

 

2011年頃から始まった比較的新しいビジネスモデルのアフィリエイトです。

 

従来のアフィリエイトと言えば、広告主がアフィリエイターに商材の宣伝を依頼して、その商材が売れたら、広告主がアフィリエイターに販売価格の数~数十パーセントを報酬として支払う、というのが一般的でした。

 

でも、オプトインアフィリエイトでは、商材を買ってもらう必要がなくお客にメールアドレスを登録してもらっただけでアフィリエイターは報酬を受け取ることができます。

 

報酬額は、メールアドレス1件につき、500円~1000円程度が多いです。

 

このオプトインアフィリについて、アフィリエイターが広告を出す媒体は、メルマガ、ブログ(アフィリエイトOKのものに限る)、Twitter、Facebookなど、何でもOKです。

 

購入してもらわなくてもアフィリエイターに報酬が入るので、比較的ハードルの低いアフィリエイトです。アフィリエイトの初心者は、このオプトインアフィリエイトがら入るのがいいかも知れません。

 

オプトインアフィリエイトを扱っているASPは数多くあり、ASPに登録するとリンクタグを発行してもらえます。(登録は、ほとんどのところが無料です。)

 

そのリンクタグを媒体で広告し、その広告を見た人がリンクタグを踏むとランディングページ(略してLPとも言う)という、1ページものの縦長のサイトへ飛びます。

 

ランディングページとは、

 

このような

 

サイトです。

 

このランディングページを見た人が、メールアドレスを登録してくれるとアフィリエイターに報酬が入るわけです。

 

このオプトインアフィリエイトのASPは数多くあるのですが、特に有名なところを次に挙げます。

 

・ライブクリエイトアフィリエイト

 

・MTSアフィリエイトセンター

 

・サンダーゲートアフィリエイトセンター

 

・リアルアフィリエイトセンター

 

・川島和正アフィリエイトセンター

 

なお、このようなASPは、現在、個人アフィリエイターが持つことも可能となっています。

 

ライブクリエイトアフィリエイトで提供してるグランドアフィリエイトシステムを利用すると、個人アフィリエイターでもASPが持つことが可能です。

 

グランドアフィリエイトシステム

 

個人アフィリエイターが、アフィリエイトセンターを持つことによって、広告費をかけて自分の商材を宣伝したり、メルマガのリストを集めたり、自分のセミナーの集客をしたりすることが可能になるわけです。

 

オプトインアフィリエイトでは、メールアドレス登録だけで広告主がアフィリエイターに報酬を支払うわけですが、何故このようなビジネスモデルが成立するかと言うと、プロダクトローンチというビジネス手法を使っているからです。

 

プロダクトローンチについて説明すると長くなりますので、後日また書きたいと思います。

 

また、アフィリエイターがオプトインアフィリエイトをする際も注意が必要です。それについても後日また書きたいと思います。

 


システムエンジニア ブログランキングへ