テーマ:古事記

いよいよ今回から『天孫降臨』のお話に入ります。

 

天照大御神の孫である邇邇芸命(ニニギノミコト)という神様が地上に派遣されるお話です。

 

天照大御神(天)の孫である邇邇芸命(ニニギノミコト)が地上に降臨するので『天孫降臨』と言うんですね。

 

ちなみに、ニニギノミコトのひ孫に当たる人が、神武天皇(初代の天皇)になるわけです。

 

では行きます。

 

【天孫降臨のお話】

 

オオクニヌシの国だった出雲の国を譲ってもらって、アマテラスは一安心。

 

アマテラスは、息子のアメノオシホミミノミコトに地上世界である葦原中国(あしわらのなかつくに)を治めさせようと、葦原中国に行くように命じます。

 

<ちなみに地上世界全体のことを葦原中国(あしわらのなかつくに)と呼んでいます。オオクニヌシの出雲の国が勢力拡大し周辺の国を統合して葦原中国になったのか、出雲の国以外にもアマテラスに国譲りされた国があり、それらがまとまって葦原中国になったのか、詳しいことは分かっていません。(´・ω・`)>

 

アメノオシホミミノミコトは、地上に行く準備をしている間に息子が生まれたので、自分の代わりにその息子を遣わせたらどうかとアマテラスに提案します。

 

そのアメノオシホミミノミコトの息子(アマテラスから見たら孫)は、名前を邇邇芸命(ニニギノミコト)と言いました。

 

ニニギノミコトが地上に行くことが決まったころ、天上界と地上界を結ぶ雲の道が8つに分かれる場所・天之八衢(あめのやちまた)に、ピカーと光った神様がいるという知らせが届きます。

 

この神様が何者であるかを確かめるために、アマテラスは天宇受売神(アメノウズメノミコト)を遣わします。

 

<『天の岩戸のお話』でストリップ踊った女神さまですね。(´・ω・`)>

 

アメノウズメノミコトが天之八衢に行ってみたところ、その神様は猿田毘古神(サルタビコノカミ)だと分かりました。

 

サルタビコノカミは、ニニギノミコトが地上に派遣されることを知って、ここで待ってニニギノミコトを先導するつもりでした。

 

そして、ニニギノミコトには、天宇受売神(アメノウズメノミコト)、思金神(オモイカネノカミ)など7柱の神々が付き従い、勾玉・鏡・草薙の剣の三種の神器を授かって、地上へ向かいます。

 

ニニギノミコトたちが、最初に地上に降りた場所は、高千穂というところでした。

 

<ちなみにこの高千穂という場所がどこだったのか2つの説があります。一方は霧島連峰の高千穂峰、もう一方は宮崎県西臼杵郡高千穂町のくしふる峰です。両方とも宮崎県ですが、距離は相当離れています。どちらが本当なのかははっきり分かっていませんが、説が2つとも残ったままの方が2倍楽しめるので、いいかも知れませんねぇ。(´・ω・`)>

 

ニニギノミコトは、この地に立派な宮殿を建てて住むことにしました。

 

しばらくすると、サルタビコノカミが故郷の三重県に帰りたいと言い出します。アメノウズメノミコトが三重県まで送りに行くことになりました。

 

ところが、故郷に帰ったサルタビコノカミは海で漁をしているときに、デッカい貝に腕を挟まれて溺れ死んでしまいます。

 

高千穂へ帰って来たアメノウズメノミコトは、海岸に行き、魚たちに向かって

 

「あなたたちは邇邇芸命(ニニギノミコト)様にお仕えしますか?」

 

と尋ねます。

 

魚たちが、

 

「(>Д<)ゝ”ラジャー!!」

 

と答えましたが、ナマコただ一匹だけが、

 

「・・・(´・ω・`)」

 

と黙ったまま返事をしませんでした。

 

アメノウズメノミコトは、ナマコを捕まえて、

 

「口が開いてないからしゃべれないのね。なら口がきけるようにしてあげる」

 

と言って、小刀でナマコの口を割いてやりました。なので、ナマコの口は今でも割けているのです。

 

<ここで出てくるナマコが、我々が酢の物で食べてるナマコを指しているのか、はっきりしたことは分かっていません。(´・ω・`)>

 

ある日、ニニギノミコトが岬の近くを歩いていると、とても美しい女神さまに出会いました。

 

ビビビー!と電流が走ったように、たちまち一目惚れしてしまいました。

 

ニニギノミコト:

「君のお父さんは誰?」

 

<当時は、これが愛の告白の言葉だったらしいです。(´・ω・`)>

 

女神さま:

「私の父は大山津見神(オオヤマツミノカミ)です。私の名は木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)と言います」

 

ニニギノミコト:

「僕は君と結婚したいと思うんだけど、どう?」

 

コノハナノサクヤビメ:

「私からは直接お返事差し上げられませんので、一度父にお会いください」

 

ということで、ニニギノミコトは、オオヤマツミノカミに会うことになります。

 

<毎度のことですが、古事記に出てくる神様は皆、出会ってすぐにプロポーズ。交際期間ってのがないんですね。(´・ω・`)>

 

オオヤマツミノカミは、2人の結婚を快諾!

 

ところが・・・

 

2人の結婚の日、嫁入り道具と一緒にコノハナノサクヤビメの姉・石長比売(イワナガヒメ)もついてきました。

 

オオヤマツミノカミから預かった手紙によると、

 

「この子も一緒にもらってちょ」

 

とのことでした。

 

話を聞いて、ニニギノミコトは、

 

「石長比売(イワナガヒメ)ってどんな子?」

 

と思い、会ってみてビックリ!!(゚∀゚)

 

・・・桁外れのブス子ちゃん。。。

 

ニニギノミコト:

「・・・(((((((( ;゚Д゚))))))))」

「・・・ゴメン、無理・・・君、帰って」

 

とイワナガヒメを帰してしまい、コノハナノサクヤビメとだけラブラブな夜を過ごしたのでした。

 

しばらくしてから、ニニギノミコトにオオヤマツミノカミから、次のような内容の手紙が届きました。

 

「天の御子さまが木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)を娶ってくだされば、御子さまの系譜は桜の花のように栄える」

「そして、天の御子さまが石長比売(イワナガヒメ)を娶ってくだされば、御子さまの系譜は岩のように未来永劫の命を授かる」

「しかし、御子さまは、木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)を娶ってくださったが、石長比売(イワナガヒメ)は帰してしまわれた」

「なので、御子さまの系譜は桜の花のように栄えるが、一代ごとの命は桜の花のようにはかないものになるであろう」

 

<つまり、このお話でニニギノミコトの子孫である天皇は、限りある命しか持たない人間になったと言っているわけですね。(´・ω・`)>

 

<もったいないことしたわけですが、古事記に出てくる神様はみんな面食いですからね~。仕方ないですね~。(´・ω・`)>

 

しばらくして、コノハナノサクヤビメが妊娠します。

 

すると、その知らせを聞いてニニギノミコトは、

 

「え~!一回しかやってないのに?!オレの子じゃないんじゃないの?」

 

とか言い出します。

 

<今の感覚で言ったらサイテーのヤローですな。(´・ω・`)>

 

<こんなこと言われたら当然女性は怒ります。(´・ω・`)>

 

すると今度は、コノハナノサクヤビメが、

 

「それならば、貴方の子であるか否か賭けで勝負しましょう!」

 

と言い出します。

 

<売り言葉に買い言葉ですかね~? (´・ω・`)>

 

どのような賭けだったかと言うと聞いてビックリ!!

 

コノハナノサクヤビメが御殿に入り、内側から土で塞いで火をつけ、無事に生まれたら勝ち、ニニギノミコトの子、という賭けでした。

 

<今の時代だったら放火で犯罪ものですが、この時代はOKだったんでしょうねぇ。(´・ω・`)>

 

賭けの結果は、コノハナノサクヤビメの勝ち!燃え盛る火の中で、3人の子が無事に生まれました。

 

生まれた3人の子の名前は、

 

火照命(ホデリノミコト)・別名:海幸彦

火須勢理命(ホスセリノミコト)

火遠理命(ホオリノミコト)・別名:山幸彦

 

でした。

 

次回は、『海幸彦と山幸彦のお話』になります。

 

次に続きます。

 


システムエンジニア ブログランキングへ