テーマ:古事記

今回から、邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)の間に生まれた兄弟、海幸彦と山幸彦のお話に入ります。

 

それでは行きます。

 

【海幸彦と山幸彦のお話・その1】

 

邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)の間に生まれた子で、火照命(ホデリノミコト)は、海で魚を獲るのが得意だったので海幸彦と呼ばれていました。

 

また弟の火遠理命(ホオリノミコト)は、山で狩りをするのが得意だったので山幸彦と呼ばれていました。

 

ある日、山幸彦は、「いつも山で狩りばっかりやってて飽きた。たまには釣りでもやってみたい」と思ったのか、海幸彦に、

 

「一度、道具を交換してみよう」

 

と言い出します。

 

海幸彦は、

 

「何言ってんだ? そんなうまくいくわけないじゃんか。それにオレの大事な釣り道具をお前なんかに貸すのイヤだよ」

 

と断ります。

 

しかし、山幸彦は、

 

「え~!いいじゃんか~。ケチ~」

 

と、あんまりしつこく言うので、海幸彦はシブシブOKし、一度だけ海幸彦の釣り道具と山幸彦の狩り道具を交換することにしました。

 

山幸彦は、海幸彦から借りた釣り竿で釣りに挑戦してみましたが、一日かかっても魚は一匹も釣れず、しかも海幸彦が大事にしていた釣り針を無くしてしまいます。

 

山幸彦は、海幸彦に正直に話して謝りますが、海幸彦は、

 

「だ~か~ら~!言わんこっちゃない!だいたい一匹も釣れなかっただろう。しかも大事な釣り針無くしたなんて、ふざけんじゃないよ! 大事な釣り針なんだからね。探せ!潜って探せ!」

 

と赦してもらえません。

 

流石に釣り針を潜って探すなんて無理!自分の持っている剣を打ち砕いて500本の釣り針を差し出して赦しを請いますが、海幸彦は、

 

「ダメだ!元の釣り針を潜って探して返せ!」

 

と言って赦してくれません。

 

更に、山幸彦は1,000本、1,500本と釣り針を作って海幸彦に差し出しますが、海幸彦は赦してくれませんでした。

 

山幸彦は困り果てて、

 

「ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!」

 

と泣いていると、そこに塩椎神(シオツチノカミ)という神様が現れます。

 

シオツチノカミが、

 

「どうしたんですか?」

 

と尋ねると、山幸彦は、泣いている訳をシオツチノカミに話します。シオツチノカミは、

 

「それでは、吾輩が貴方の力になってあげましょう」

 

と言って、目の詰まった竹籠の舟を作ってくれました。そして山幸彦に言いました。

 

「この舟に乗りなさい。そして吾輩が舟を押し出すので、そのまま進みなさい。その先に潮路があり、その潮路の乗っていけば海神の宮殿に着きます。宮殿の前に井戸があり、その脇に桂の木が立っています。その木の枝に座っていれば海神の侍女が何かと取り計らってくれるでしょう」

 

山幸彦は、シオツチノカミの言う通りに舟に乗ると、魚の鱗を屋根にしたようなヘンテコリンな宮殿にたどり着きます。

 

シオツチノカミの言ってた通り、宮殿の前に井戸があり、その脇に桂の木が生えていました。

 

山幸彦は、その桂の木の枝に腰かけます。

 

しばらくすると、海神の侍女が井戸に水を汲みにやってきます。そして井戸をのぞき込むとビックリ!

 

井戸の水面にイケメンの神様が映っていました。

 

<山幸彦は相当のイケメンだったみたいです。(´・ω・`)>

 

侍女:
「どうしたのですか?」

 

山幸彦:
「ちょっと水が欲しくて・・・」

 

侍女は、山幸彦に水の入った美しい器を差し出します。

 

山幸彦は、侍女から水の入った器をもらうと、自分の首飾りをバラバラに解いて、首飾りの玉を口の中に入れます。

 

そして、玉をペロペロ舐めてから、器に向かって「ペッ!」と吐き出すと、玉は器にくっついて取れなくなりました。

 

<侍女はきっと、「何?この神様!( ゚д゚ )」って思ったでしょうねぇ。(´・ω・`)>

 

侍女は、どうしていいか分からなくなって、玉のくっついた器を宮殿の中へ持って行きます。そして、海神の娘の豊玉毘売(トヨタマビメ)に見せます。

 

侍女から話を聞いたトヨタマビメは、「?」と思い、宮殿から出てきます。そして山幸彦に会うとトヨタマビメは山幸彦にたちまち一目惚れ!

 

二人は見つめ合います。そしてトヨタマビメは、宮殿の中に入り父の綿津見神(ワタツミノカミ)に、

 

「すごいイケメンの神様がいたのよ」

 

と告げます。

 

ワタツミノカミが宮殿から出てきて、山幸彦を見た瞬間、天照大御神の系譜であることを一発で見抜きます。

 

ワタツミノカミも大喜び!二人は、結婚することに。

 

ワタツミノカミは、宮殿に高級なアシカの革の敷物を何枚も敷き詰めます。

 

<古事記に出てくる神様たちは、みんな出会ってすぐに結婚。交際期間ってのがないん・・・これ言うのも飽きてきた。(´・ω・`)>

 

そして、飲めや食えやの大宴会をしているうちに、3年の歳月が流れます。

 

その3年の間、山幸彦は、無くした釣り針を探しに来たという本来の目的を、すっかり忘れてしまっていました。

 

<3年も忘れてしまっていたってところが、またすごいですが。(´・ω・`)>

 

3年経って、山幸彦は、

 

「あっ!!」

 

と、思い出します。

 

山幸彦は、無くした釣り針を探し出すことができるのか? 次のお話へ続きます。

 

 


システムエンジニア ブログランキングへ