テーマ:古事記

兄・海幸彦から借りた釣り針をなくしてしまった山幸彦が、釣り針を探しに海神の宮殿まで出かけて行く、というのが前回までのお話でした。


 

ところが、山幸彦は海神の娘・豊玉毘売(トヨタマビメ)と出会い、結婚生活を送っているうちに3年間も、釣り針を探しに来たという目的を忘れてしまっていました。

 

山幸彦は、無事に釣り針を見つけ出すことができるんでしょうか?

 

それでは続き参りたいと思います。

 

【海幸彦と山幸彦のお話・その2】

 

海神の宮殿にやって来て、3年経ったある日、山幸彦は、

 

「あっ!!」

 

と、思い出します。

 

「オレ何しに来たんだっけ!? あ~!!兄貴の釣り針探しに来たんだった!!ヤバイ!もう3年も経っちゃった!」

 

そして、

 

「はぁぁぁ。。。( ´Д`)=3」

 

とため息をつきました。

 

奥さんのトヨタマビメは、これを見逃さず、

 

「あ!山幸彦さま、今ため息ついた。この3年間一度もため息なんてついたことなかったのに!何があったのかしら?」

 

と、父親のワタツミノカミに相談しました。

 

ワタツミノカミは、山幸彦のところに来て聞きました。

 

「ため息つかれてたって娘から聞いたんですが、何かあったんですか? そもそもここには何しに来たんですか?」

 

<普通、山幸彦が初めてやって来たときに「旅行ですか?」とか「お仕事ですか?」とか聞くでしょうよ。娘と結婚までさせて3年も経ってから初めてこんなこと聞くなんて、山幸彦も山幸彦なら父親も父親ですな~。(´・ω・`)>

 

山幸彦は、ワタツミノカミに、なくした釣り針を探しに来たことを話します。

 

ワタツミノカミは、

 

「そんなのお安い御用!」

 

「は~い!魚くんたち集合!」

 

と言って、魚たちを呼び集めました。

 

ワタツミノカミが魚たちに、

 

「この中で釣り針持っていってるのいない?」

 

と尋ねると、魚たちの中の一匹が、

 

「そういえば、鯛のヤツが最近、喉に何か引っかかって飯が食えないって言ってたんで、アイツじゃないですか?」

 

と答えました。

 

そして鯛を呼んで来て、喉に引っかかっていた物を抜いてみると、やっぱり! 山幸彦がなくした釣り針でした。

 

見つかりました~!!

 

<3年間も喉に釣り針が引っかかったままで・・・この鯛もよく生きてましたね~。(´・ω・`)>

 

ワタツミノカミは、山幸彦に釣り針を渡す際に、こう言いました。

 

「兄さまにこの釣り針を返す際、背中を向けて返しながらこう言いなさい。『この釣り針は、心の塞がる釣り針ぃ~! 心のたけり狂う釣り針ぃ~! ビンボーな釣り針ぃ~! 愚かな釣り針ぃ~!』」

 

<「お前の兄さんは性格が相当悪いので呪いで徹底的に懲らしめてやりなさい」ってことらしいです。(´・ω・`)>

 

そして、ワタツミノカミは、山幸彦に塩盈玉(しおみつたま)と塩乾玉(しおふるたま)を渡して、こう言いました。

 

「兄さまが高いところに田を作ったら、貴方は低いところに田を作りなさい。兄さまが低いところに田を作ったら、貴方は高いところに田を作りなさい」

 

「水を支配している吾輩がうまくやるから、兄さまは3年のうちに間違いなくビンボーになる」

 

「もし、兄さまが貴方を恨んで攻めて来たら、この塩盈玉(しおみつたま)と塩乾玉(しおふるたま)を使って懲らしめてやりなさい」

 

<ここで初めて分かりました! 海幸彦の漁師と山幸彦の狩人は副業で、実は2人とも本業は農家だったらしいです。(´・ω・`)>

 

そして、ワタツミノカミは、山幸彦をサメに乗せて地上へ返します。

 

帰って来た山幸彦は、兄の海幸彦に再会しました。

 

そして、ワタツミノカミから言われた通り、

 

「この釣り針は、心の塞がる釣り針ぃ~! 心のたけり狂う釣り針ぃ~! ビンボーな釣り針ぃ~! 愚かな釣り針ぃ~!」

 

と言って、後ろ向きになって釣り針を返します。

 

また、高いところに作った海幸彦の田は3年間凶作、低いところに作った山幸彦の田は3年間豊作でした。

 

ワタツミノカミの言われた通り、海幸彦は次第にビンボーになっていきました。

 

海幸彦は、

 

「おかしい。さては山幸彦のヤツの呪いに違いない」

 

と思うようになり、兵を率いて山幸彦の領地に攻めてきました。

 

山幸彦は、塩盈玉を使って洪水を起こし、海幸彦の軍勢を撃退します。そして塩乾玉を使って水を引かせました。

 

海幸彦は観念し、山幸彦に土下座して謝ります。そして山幸彦の護衛になることを誓うのでした。

 

<そもそも今回の件、悪かったのは弟の方ですよね。兄は常識的なことを言ってただけ。でも意地悪が過ぎましたね。悪いのは相手の方でも、ほどほどのところで許してあげなきゃダメってことです。(´・ω・`)>

 

<旧約聖書の『カインとアベルの話』『イシマエルとイサクの話』など、神話には数々の兄弟喧嘩が出てきますが、全て弟の方が勝ってます。あと『北斗の拳』もですね。(´・ω・`) 弟さんのいるお兄さん方、できるだけ兄弟喧嘩はしないようにしましょうね。(´・ω・`)>

 

ある日、奥さんのトヨタマビメが山幸彦を訪ねて地上にやって来ました。

 

山幸彦の子を妊娠したので、海原ではなく地上で産むためでした。

 

山幸彦は、急いで鵜の羽根で産屋を作らせます。しかし、産屋が完全に出来上がる前にトヨタマビメが産気づいてしまいます。

 

トヨタマビメは、山幸彦にこのように言いました。

 

「海神の娘が子供を産むときは、元の姿に戻らなくてはなりません。ですからその間、決して私の姿を見ないでくださいね」

 

トヨタマビメは、このように言いますが、不審に思った山幸彦は、出産中のトヨタマビメの姿を覗き見てしまいます。

 

トヨタマビメの姿は、・・・サメでした。

 

山幸彦:

「 (|||゚Д゚) 」

 

山幸彦は、ビックリして逃げてしまいます。

 

トヨタマビメは、

 

「この恥ずかしい姿、山幸彦さまだけには見られたくなかったのに~。あれほど『見ないで』ってお願いしたのに! それなのに見てしまわれたんですね。(ノД`)シクシク」

 

と、悲しんで、海原と地上の堺にある扉を塞いで海神の宮殿に帰ってしまいました。

 

<『イザナギとイザナミのお話』の時もそうでしたが、「見ないで!」って言われたら、必ず見ちゃうってのがパターンなんですよね。「見ないで!」って言われて、「最後まで見ませんでした。めでたし、めでたし!」って話を私は見たことないです。(´・ω・`)>

 

このとき2人から生まれた子は名前を、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウカヤフキアエズノミコト)と言いました。

 

しばらく経った後、山幸彦のもとに、トヨタマビメの妹・玉依毘売(タマヨリビメ)がやって来ました。

 

タマヨリビメは、トヨタマビメから歌を託されていました。

 

「赤玉は 緒さえ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり」

 

<「海神の神殿に戻って来て離れ離れになってしまったけど、やっぱり愛しいダーリンが忘れられません」という意味の歌です。(´・ω・`)>

 

山幸彦は、トヨタメビメへの返歌として次の歌をお詠みになりました。

 

「沖つ鳥 鴨どく島に 我が率寝し 妹は忘れじ 世のことごとに」

 

<「遠い海神の宮殿で、共寝をした我が妻のことを一生忘れないよ」という歌です。(´・ω・`)>

 

玉依毘売(タマヨリビメ)は、地上世界で過ごすことになりました。そして、鵜葺草葺不合命(ウカヤフキアエズノミコト)が成長すると、2人は恋仲となり、結婚することとなりました。

 

2人の間に、次の4人の子が産まれました。

 

・五瀬命(イツセノミコト)

・稲氷命(イナヒノミコト)

・御毛沼命(ミケヌノミコト)

・神倭伊波礼毘古命(カミヤマトイワレビコノミコト)

 

この、カミヤマトイワレビコノミコトが後の神武天皇になる人です。

 

古事記は、上つ巻、中つ巻、下つ巻の三部構成となっていますが、このお話で上つ巻は終了です。

 

次回は、中つ巻の最初のお話『神武天皇のお話』に入ります。

 

まだまだ続きます。

 


システムエンジニア ブログランキングへ